【経環研】2015(平成27)年度「奄美群島調査研究(2年目)」を行いました。

 沖縄経済環境研究所では、2016(平成28)年3月14日〜17日に日程で奄美群島調査(2年目)を行いました。今回は奄美大島、加計呂麻島を調査しました。

参加メンバー&研究テーマ
○名城 敏    所員:奄美群島の土壌・地質について、土壌流出保全対策について
○前泊 博盛  所員:奄美群島の公共事業、離島架橋について
○呉 錫畢   所員:環境エネルギー政策について
○友知 政樹  所員:奄美と琉球について
○比屋根良直 研究支援助手:奄美群島の環境保全型農業について


奄美市役所をはじめ、奄美大島・加計呂麻島の皆さんのご協力を受け、有意義な調査を行うことが出来ました。ありがとうございました。

 資料館:奄美の郷にて  特産物の黒糖焼酎の展示
 環境エネルギー政策の調査  太陽光パネル設置施設をバックに
 加計呂麻島へ車ごとフェリーで渡る  船上から見える奄美大島の港
 加計呂麻島:安脚場戦跡公園を見学
 ディスカウントショップで生活経済調査


あやまる岬観光公園からの眺め【奄美市笠利町】
 
沖縄経済環境研究所
研究支援助手 比屋根良直
 

サイト内検索

携帯へアクセス
[ 携帯版へアクセス ]

沖縄経済環境研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937

ページの先頭へ戻る